健康保険適用の施術について

Pocket

保険治療について

当院は国家資格である「柔道整復師」が施術を行いますので、健康保険適用の施術が受けられます。

健康保険適用のルール

・受傷した際の原因、経緯や状況がはっきりしている。
・おおむね2週間以内に傷めた。                                   以上に当てはまれば健康保険の適用になります。
例)
・朝、ベッドから起き上がる際、腰を痛めた。
・洗顔の際、前屈みになった時に腰を痛めた。
・フライパンを持った時に手首を痛めた。
・うがいをしようと上を向いた時に首を痛めた。
・スポーツをしていて足を捻った。
・自転車で転倒して足・殿部を打撲した。
・突き指をした。・・・等々

このように日常生活においてケガに見舞われる場面はとても多いと思います。しかし「そのうち治るだろう」と放っておくと更に強い痛みが出て来たり、慢性的な症状へと変化していきます。そうならないためにも早期施術、早期改善、早期回復が重要です。

ケガをしたら早めに受診しましょう!!

 

料金等については、お問合せください。

お客様の声・症状改善ご紹介

47歳 女性 左足関節捻挫

47歳 女性 左足関節捻挫

ミニバレーのプレー中に、スパイク後の着地で捻ったそうです。受傷2日後に来院されました。患部は腫れており、熱を持ち、皮下出血もあります。

通常ですとRICE処置が基本でしょうが、当院では、患部にしっかり施術をします。と言っても、時間にしてわずか1分程度ですが。

捻挫の受傷直後でも、当院の「動体療法」を施します。この場合も痛みの出る捻挫した方向に動いてもらいながら施術します。すると、明らかに歩き方に変化が見られます。

翌日2回目の施術後には、しっかりと歩ける様になり、ご本人も痛みが気にならなくなったと仰いました。

この様に安静にするよりも、患部に対して積極的に施術する事により早く痛みが引き、回復にかかる時間を大幅に短縮する事ができます。

4月下旬に出たい試合があるそうですが、十分間に合いますね。

早期回復、早期復帰したい方は、ぜひ当院の施術をお試しくださいませ。

Copyright(c) 2016 TAKE-SEIKOTSU,Inc. All Rights Reserved.