変形性膝関節症と診断された方へ

Pocket

あなたの「変形性膝関節症」の治療は注射を打つ、痛み止めを服用するというものですか?症状の改善はみられましたか?症状が改善してきたという方は、これ以降お読み頂かなくて良いでしょう。ですが、もし症状が改善されていなければ続けてお読みください。
手術が必要と言われたが・・・
当院では膝の痛みを専門的に施術しております。病院で「変形性膝関節症」と診断され、手術が必要と言われた方でも、今では辛い症状から解放されて、趣味の旅行やスポーツを楽しまれているという様な事例がたくさんあります。
「膝が痛い」=「膝が悪い」とは限らない
なぜ当院で膝の症状が改善されるのかというと、「膝以外を診る」からです。えっ?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、膝の症状の場合、患部以外に原因が潜んでいる事が多いのです。
腰、股関節、足関節等あるいは上半身の不具合から、結果として膝の調子が悪くなってしまったのです。ですから、その原因に対して施術することによって症状の改善がみられる訳です。足を引きずって来院されていた方が通常の歩行や階段の昇降も出来るようになった例が多数あります。(個人差があります。)
そして、その成果は、ご本人はもとよりご家族や周囲の方々がすぐに気付きます。

「歩く格好が良くなったね」、「歩くのが速くなったね。」、「痛いって言わなくなったね」

あきらめないでください!まだまだ可能性は十分あります!
ご自分の脚でしっかり歩けるようになりましょう!
以前のような生き生きとした生活を取り戻しましょう!
あなたやご家族が笑顔で毎日を過ごして頂くのが当院の願いです。

お客様の声・症状改善ご紹介

47歳 女性 左足関節捻挫

47歳 女性 左足関節捻挫

ミニバレーのプレー中に、スパイク後の着地で捻ったそうです。受傷2日後に来院されました。患部は腫れており、熱を持ち、皮下出血もあります。

通常ですとRICE処置が基本でしょうが、当院では、患部にしっかり施術をします。と言っても、時間にしてわずか1分程度ですが。

捻挫の受傷直後でも、当院の「動体療法」を施します。この場合も痛みの出る捻挫した方向に動いてもらいながら施術します。すると、明らかに歩き方に変化が見られます。

翌日2回目の施術後には、しっかりと歩ける様になり、ご本人も痛みが気にならなくなったと仰いました。

この様に安静にするよりも、患部に対して積極的に施術する事により早く痛みが引き、回復にかかる時間を大幅に短縮する事ができます。

4月下旬に出たい試合があるそうですが、十分間に合いますね。

早期回復、早期復帰したい方は、ぜひ当院の施術をお試しくださいませ。

Copyright(c) 2016 TAKE-SEIKOTSU,Inc. All Rights Reserved.