肩こり

Pocket

あなたの肩、こっていますか?今とてもつらいですか?
今までに、どのような肩こりの治療をしてきましたか?

肩こりは、揉んでも解消されません。

なぜなら肩こりは結果であって、原因ではないからです。
ですから原因を突き止め、それを改善する事が問題解決へと繋がります。

当院に来院する肩こりを抱える方々はほとんどが「不良姿勢」です。この「不良姿勢」を正す事が肩こり解消への近道です。
仕事、家事、趣味、スポーツなどで長時間同じ姿勢をとったり、偏った身体の使い方をすることで肩こりは作られます。
では、良い姿勢にすると肩こりが治るかというと、そう簡単にはいきません。
今まで姿勢の悪かった方がその場で良い姿勢をしたところで、窮屈で余計に肩がこってしまうでしょう。
それはなぜかというと、体が硬くなっているからです。
当院ではこの硬くなった筋肉、関節の可動域を改善し、本来の姿勢がとりやすくなる様に調整していきます。
結果として肩こりが、みるみる改善されていくのです。その効果は単に肩を揉んだ時と比べてかなり持続します。
さらに、自宅で行う簡単なエクササイズを併せると効果はもっと持続します。やがて当院での施術も必要無くなるでしょう。
肩こりは、放置すると「自律神経の乱れ」を生じさせ、様々な疾患を創り出してしまうという深刻な状態を招くことになりかねません。

「早期回復」のためには「早期施術」がとても大切です。

 肩こりでお悩みならまずはお電話ください!

 きっと違いが分かります!

 今までの憂鬱な毎日から脱却しましょう!

 あなたが笑顔で過ごせる毎日を取り戻しましょう!

 当院は全力でお応えしてまいります。

お客様の声・症状改善ご紹介

47歳 女性 左足関節捻挫

47歳 女性 左足関節捻挫

ミニバレーのプレー中に、スパイク後の着地で捻ったそうです。受傷2日後に来院されました。患部は腫れており、熱を持ち、皮下出血もあります。

通常ですとRICE処置が基本でしょうが、当院では、患部にしっかり施術をします。と言っても、時間にしてわずか1分程度ですが。

捻挫の受傷直後でも、当院の「動体療法」を施します。この場合も痛みの出る捻挫した方向に動いてもらいながら施術します。すると、明らかに歩き方に変化が見られます。

翌日2回目の施術後には、しっかりと歩ける様になり、ご本人も痛みが気にならなくなったと仰いました。

この様に安静にするよりも、患部に対して積極的に施術する事により早く痛みが引き、回復にかかる時間を大幅に短縮する事ができます。

4月下旬に出たい試合があるそうですが、十分間に合いますね。

早期回復、早期復帰したい方は、ぜひ当院の施術をお試しくださいませ。

Copyright(c) 2016 TAKE-SEIKOTSU,Inc. All Rights Reserved.