腰痛

Pocket

腰部脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニア、腰椎椎間板症、腰椎分離・すべり症、筋・筋膜性腰痛症、急性腰痛症(ギックリ腰)・・・等々 いろいろな病名がありますね。あなたの診断された病名もこの中にありますか?

ほとんどの腰痛が原因不明

現在、日本国内で腰痛を抱えている人は、推定でおよそ2,800万人と言われています。しかしながら「腰痛の85%が原因の分からないもの」という事実を知っていましたか?あなたの腰痛も、たとえ病名・診断名が付いていたとしても、それが原因かどうかは分からないのです。


症例1: 腰部脊柱管狭窄症  77歳  男性
整形外科でレントゲン、MRI検査をしたところ、腰部脊柱管狭窄症と診断され、その場で「検査日」「入院日」「手術日」が決まってしまうも翌日当院に来院する。検査してみると、症状の原因は腰部脊柱管狭窄症からではないと判断できたので、背骨と骨盤等に施術をする。結局2回目の施術が終了した時点で、本人が整形外科に手術の断りの電話を入れた。3週間後にはパークゴルフが楽しめるまでに回復し、その後来院はしていない。

症例2: 腰椎分離・すべり症 58歳  女性
整形外科でレントゲン、MRI検査をしたところ、腰椎分離・すべり症と診断される。医師からは「手術をしても、どれ位回復するかは分からない」と言われる。当院には右足を引きずって来院。特徴的な反り腰や大腿部の筋肉の異常な緊張(硬さ)が見られたので、それらを改善すべく施術を行う。併せて自宅等で行うストレッチを指導し、終了した。初回の施術で足を引きずる事無く帰宅された。その後、数回の施術と自宅でのストレッチを継続して行ったところ、日常生活では支障が無くなったので施術を終了した。現在はスポーツクラブに通って楽しみながら運動をされているとの事。

以上の方々は手術適用でしたが、手術を回避して症状が改善された症例です。診断された傷病名と症状が合致していないのが良く分かります。「腰が痛い」からといって「腰だけ」を診ていてはこの様な結果にはなりません。

お客様の声・症状改善ご紹介

55歳 男性 五十肩(夜間痛有)

55歳 男性 五十肩(夜間痛有)

5年程前にも一度五十肩で整形外科にかかった事があるそうです。その時はいつの間にか痛みも無くなり、良くなった様です。しかし今回は半年前から痛みが有り、今は夜間痛のせいでまともに眠れない日々が続いているとの事。これは大変つらい状態です。食欲も無いと仰っていました。

先ずは痛みを緩和する事を行います。痛みを訴えられているのは肩ですが、最初は手首から操作します。すると、腕の挙がり方が良くなりました。次いで肘の調整をしますと、更に挙がる様になりました。こうなると痛みも随分と軽減しています。

最後は肩甲骨周りの調整をして終了しました。結果は見ての通りです。まだ痛みも有り、可動域も改善の余地がありますが、セルフケアを行う事で良くなっていくでしょう。

今回なぜ当院に見えたかというと、先日アップした腱板断裂の方のビフォーアフターの写真を偶然フェイスブックでご覧になったそうです。そして図々しくも、この動画を投稿しても良いか尋ねると、大変快くお許し頂きました。

もし、今この時も五十肩で苦しんでいる方や、そのご家族が動画を観てくださっているのなら、当院での施術を御一考くださいませ。良くなりますよ!

Copyright(c) 2016 TAKE-SEIKOTSU,Inc. All Rights Reserved.