腰痛

Pocket

腰部脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニア、腰椎椎間板症、腰椎分離・すべり症、筋・筋膜性腰痛症、急性腰痛症(ギックリ腰)・・・等々 いろいろな病名がありますね。あなたの診断された病名もこの中にありますか?

ほとんどの腰痛が原因不明

現在、日本国内で腰痛を抱えている人は、推定でおよそ2,800万人と言われています。しかしながら「腰痛の85%が原因の分からないもの」という事実を知っていましたか?あなたの腰痛も、たとえ病名・診断名が付いていたとしても、それが原因かどうかは分からないのです。


症例1: 腰部脊柱管狭窄症  77歳  男性
整形外科でレントゲン、MRI検査をしたところ、腰部脊柱管狭窄症と診断され、その場で「検査日」「入院日」「手術日」が決まってしまうも翌日当院に来院する。検査してみると、症状の原因は腰部脊柱管狭窄症からではないと判断できたので、背骨と骨盤等に施術をする。結局2回目の施術が終了した時点で、本人が整形外科に手術の断りの電話を入れた。3週間後にはパークゴルフが楽しめるまでに回復し、その後来院はしていない。

症例2: 腰椎分離・すべり症 58歳  女性
整形外科でレントゲン、MRI検査をしたところ、腰椎分離・すべり症と診断される。医師からは「手術をしても、どれ位回復するかは分からない」と言われる。当院には右足を引きずって来院。特徴的な反り腰や大腿部の筋肉の異常な緊張(硬さ)が見られたので、それらを改善すべく施術を行う。併せて自宅等で行うストレッチを指導し、終了した。初回の施術で足を引きずる事無く帰宅された。その後、数回の施術と自宅でのストレッチを継続して行ったところ、日常生活では支障が無くなったので施術を終了した。現在はスポーツクラブに通って楽しみながら運動をされているとの事。

以上の方々は手術適用でしたが、手術を回避して症状が改善された症例です。診断された傷病名と症状が合致していないのが良く分かります。「腰が痛い」からといって「腰だけ」を診ていてはこの様な結果にはなりません。

お客様の声・症状改善ご紹介

22歳 女性 足関節捻挫

22歳  女性   足関節捻挫
前日にサッカーをしていて受傷されました。時間が経つにつれ、痛みが強くなり、朝起きると足を着くのが困難な状態になっていました。

実はこの方、ある競技においてナショナルチームに選ばれているトップアスリートなのです。(サッカーじゃないですよ。)ですから、トレーニングを長期行えない事は、大きなマイナスです。早急に治さなければなりません。

そこで、当院のメイン手技である「動体療法」の捻挫に対する手技を施したところ、痛みがかなり軽減し、歩行が改善されました。施術時間はわずか1~2分です。動画を観て頂くと、施術前・後の変化が良く分かると思います。

二日後に再来院し、その時点ではほぼ問題なく歩ける様になっており、「思ったよりずっと早く良くなりました。」と仰っていました。そして昨日無事に本州で行われる合宿に出発されました。

アスリートの皆様、捻挫や捻挫後の後遺痛でお困りの方は是非当院までご連絡ください!早期復帰が可能ですよ!

Copyright(c) 2016 TAKE-SEIKOTSU,Inc. All Rights Reserved.