腰痛

Pocket

腰部脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニア、腰椎椎間板症、腰椎分離・すべり症、筋・筋膜性腰痛症、急性腰痛症(ギックリ腰)・・・等々 いろいろな病名がありますね。あなたの診断された病名もこの中にありますか?

ほとんどの腰痛が原因不明

現在、日本国内で腰痛を抱えている人は、推定でおよそ2,800万人と言われています。しかしながら「腰痛の85%が原因の分からないもの」という事実を知っていましたか?あなたの腰痛も、たとえ病名・診断名が付いていたとしても、それが原因かどうかは分からないのです。


症例1: 腰部脊柱管狭窄症  77歳  男性
整形外科でレントゲン、MRI検査をしたところ、腰部脊柱管狭窄症と診断され、その場で「検査日」「入院日」「手術日」が決まってしまうも翌日当院に来院する。検査してみると、症状の原因は腰部脊柱管狭窄症からではないと判断できたので、背骨と骨盤等に施術をする。結局2回目の施術が終了した時点で、本人が整形外科に手術の断りの電話を入れた。3週間後にはパークゴルフが楽しめるまでに回復し、その後来院はしていない。

症例2: 腰椎分離・すべり症 58歳  女性
整形外科でレントゲン、MRI検査をしたところ、腰椎分離・すべり症と診断される。医師からは「手術をしても、どれ位回復するかは分からない」と言われる。当院には右足を引きずって来院。特徴的な反り腰や大腿部の筋肉の異常な緊張(硬さ)が見られたので、それらを改善すべく施術を行う。併せて自宅等で行うストレッチを指導し、終了した。初回の施術で足を引きずる事無く帰宅された。その後、数回の施術と自宅でのストレッチを継続して行ったところ、日常生活では支障が無くなったので施術を終了した。現在はスポーツクラブに通って楽しみながら運動をされているとの事。

以上の方々は手術適用でしたが、手術を回避して症状が改善された症例です。診断された傷病名と症状が合致していないのが良く分かります。「腰が痛い」からといって「腰だけ」を診ていてはこの様な結果にはなりません。

お客様の声・症状改善ご紹介

47歳 女性 膝痛

47歳 女性 膝痛

飛び込みで見えたお客様です。一月前から膝が痛くなり、様子を見ているうちに膝が曲がらなくなり、階段の昇り降りの時に痛みが強く、正座も出来なくなりました。

早速診てみると、皮膚温の計測では左右差が無かったので、炎症は無さそうです。関節の動きは曲げるだけでは無く、伸ばすのも痛がりました。

先ずは皮膚を調整すると膝がスッと伸びて痛みが無くなりました。次に曲げる方に取り掛かると、関節では無く筋肉の問題だという事が分かったので、過緊張している筋肉を緩めると、みるみる膝が曲がってきました。

ベッドから起きてもらい、正座を促すとちゃんと出来ました。最終調整をして最後にしゃがんでもらうと、これも出来る様になりました。

「もっと早く来れば良かった。」とご本人の弁。一月放置しておくと、どんどん悪循環が起こり非常に強い痛みを惹き起こします。3日様子を見て改善されなければ、早急な治療が必要です。

「変だな?」と思ったら我慢しないでぜひ当院へいらしてください‼︎

Copyright(c) 2016 TAKE-SEIKOTSU,Inc. All Rights Reserved.